理解者など幻想 そして強い罪の意識を感じている

自分の事情なんて自分しか分からないし

どれだけ伝えたところで自分の人生なんて人の頭には入らない

そしてそれは鏡のように映るだけに過ぎない

理解者なんて多分一人もいない

周りの一般人なんてその程度の想像力しか無いし

この複雑な人生を分かるはずもない

当たり前だ みんな自分の人生で忙しい 他人の人生なんてどうでも良いのだよ

それはおれもそうだとも思う 理解しようとするがきっと理解できない

どれだけ説明しても 伝えても無駄だと思うから最初から伝えないのがベストな選択肢なんだろう

他者への理解は既に諦めているが このブログを丁寧に読んでくれている未来の貴方なら

少しは理解できるようになってるかもしれない それは希望だけど同じ時代を生きれないのが悔やまれるのだ

逆に理解されないようにしているのはしょうがない事なんだよ

仲が良かったら理解者になってくれるかもと思うことはあるけど完全な理解者など

やっぱいるはずもないし期待してはいけない がっかりすることも無い

おれの心情が理解できる人がいるなら もうそいつは神に違いない

自分という今までの人生を見てきた自分がそばにいるだけでもう嬉しいよ

だから自分を嫌いになることも出来ないまま時が過ぎていく

もっと簡単に嫌いになっていたならもっとスムーズに変われたと思うのになぁ

そして他人には理解できるはずもないという常識

常識知らずの私はいつかは分かり合えるはずだと思ってきたしテクノロジーがそうしてくれる未来も期待しているが


そんな簡単に行く人生なら おれは速攻で死ぬんだろうな

人生困難があるからこそ 生きる価値があるというもの もう少しあがきたい

あがいてる時間が凄く輝いている自分に感じる あの日からいっときも忘れたことはないよ

自らの才能を潰してしまった罪悪感を強く感じる

罪の意識も幻想だとしても これでは一般人と同じではないかな 無駄になってしまったかな

せっかく恵まれて生まれてきたのに 勿体無い事をしてしまった後悔は無いけど

罪悪感を自分に感じるんだよ どう自分詫たら良いかもわからないよ 再び立ち上がるしかないでしょう

コメント

非公開コメント

プロフィール

そよ風

そよ風と言います。よろしくお願いします。
WindSoftというゲーム制作サークルを営んでいます。